BlueROV2の各種マニュアル

wlik-box-diagram-R2

2021/5/15

Water Linkedセットアップ(水中GPS)及びソフトウェアの更新

水リンク水中GPSは、音響測位とGPSを水中の位置を表示させます。 接続にはこちらのキットを使います。 ボックスの側面にあるイーサネットケーブルをWater Linkedボードの下に配線し、Fathom-Xモジュールに差し込みます。 青と白のワイヤーをFathom-Xボードの正と負のテザー入力端子に接続します。 A1プラグを緑と白のワイヤーでA1レセプタクルに差し込みます。 WaterLinkedボックス内 WaterLinkedシステムの設定 すべての接続が完了し、機体に電源が入っていることを確認し、ブ ...

Binder770コネクタ

2021/5/9

Binder770コネクタ取付方法

Binder770コネクタは、テザー接続用の標準コネクタになります。 コンパクトなサイズであるコネクタは8ピンで、嵌合されるとIP67防滴となります。現在、Binder770コネクタはFathomテザーに全てに事前に取り付けられるようになりましたが、このコネクターを使って古いテザーを改造することが可能です。 コネクタの電流定格はピンあたり2Aで、定格は175V(1750Vインパルス)、5000を超える嵌合サイクルを処理することができます。ピンは金メッキ加工がされています。 Binder 770コネクタへの ...

TOOL-KIT-CABLE-REPAIR-R1-RP

2021/6/28

ケーブル修理キットガイド

ケーブル修理キットには損傷したケーブルまたはテザーを仮修理するために必要なすべての材料が入っています。キットには2つの特殊な材料、同軸シールとシリコンテープが含まれています。同軸シールは手で成型することが可能で、無害かつ非導電性のプラスチックで、ほとんどの表面に付着します。 シリコンテープは、柔軟でUV耐性があり、それ自体にのみ融着するテープです。 修理で使用する場合、同軸シールは防水バリアを形成し、シリコンテープは破片からの保護に使用されます。 ダイビングの日にこれらのツールを持っていけば、ケーブル損傷 ...

QGC、Companion、ArduSub

2021/5/8

BlueROV2の関連ソフト、ファームのアップデート方法(QGC、Companion、ArduSub)

ソフトウェアやファームは不定期にバージョンアップされます。各種アップデートの方法をこちらで解説します。 QGroundControlソフトウェアを更新するには、QGroundControlインストールとPCセットアップをご覧ください。 機体側のファームアップデートの手順 1. 充電済みのバッテリーをBlueROV2に差し込み、テザーをコンピューターに接続します。 2. ブラウザで192.168.2.2:2770/networkを入力し、アクセスし、ご利用のWi-Fi環境を入力してください。 3.&nbsp ...

QGroundControl

2021/5/9

QGroundControlインストールとPCセットアップ

BlueROV2を扱うには専用のソフトウェアQGroundControlが必要となります。ここではインストール方法を解説します。 QGroundControlをダウンロードする 1. まずはQGroundControlをダウンロードしましょう。下記のボタンをクリックして最新版をダウンロードしてください。 最新版ダウンロード(v4.0.5) QGroundControlをインストールする 1. 実行ファイル「QGroundControl-installer.exe」をクリックしてインストールを開始しましょう ...

2021/5/9

プロペラの交換方法

スラスタにはプロペラが装着されています。標準タイプのROV2には計6つのスラスタがあり、統計回り及び反時計回りと、装着させる場所により取り付けるタイプが決まっています。 プロペラ交換時は、プロペラの形に注意して間違えのないようご注意ください。 STEP1 フェアリングと浮力フォームを外す まずは、4つの青色のフェアリングを浮力ファームごと外してください。 各フェアリングに4つのネジ、計16つで固定されていますので、プラスドライバーで外します。ネジは下方向から留められています。 工具 プラスドライバー ST ...