BLOG

RC送信機でESCを制御する方法。シンプル無人ボートはこれで動く!

ベーシックESCは、一般的なラジコンで使われているPWM信号を使用するため、市販のほとんどすべての無線制御送信機および受信機をシンプルに制御できます。このガイドでは、双葉のプロポT10Jを使いベーシックESCを簡単に制御する接続方法を解説します。

ポイント

プロポT10J送信機で使用される2.4GHz信号は水中では伝わりません。この内容は無人ボートなどの使用に限定されます。水中ドローンでは制御できません。

標準スピードコントローラー(ESC) · 水中ドローンBlueROV2の修理、カスタマイズ、無人ボート開発はRov-Funへ
標準スピードコントローラー(ESC) · 水中ドローンBlueROV2の修理、カスタマイズ、無人ボート開発はRov-Funへ

T100およびT200スラスタ用のスピードコントローラー。シンプルで堅牢なブラシレス電子スピードコントローラです。コンパクトな形状及び使いやすいインターフェースでカスタマイズ可能な設定。最小限の冷却環 ...

続きを見る

5V6A電源 · 水中ドローンBlueROV2の修理、カスタマイズ、無人ボート開発はRov-Funへ
5V6A電源 · 水中ドローンBlueROV2の修理、カスタマイズ、無人ボート開発はRov-Funへ

この電源は、7-26Vを最大6Aで安定した5Vに変換します!

続きを見る

ペネトレーター付きT200スラスター · 水中ドローンBlueROV2の修理、カスタマイズ、無人ボート開発はRov-Funへ
ペネトレーター付きT200スラスター · 水中ドローンBlueROV2の修理、カスタマイズ、無人ボート開発はRov-Funへ

世界で一番使われている小型スラスターT200。BlueROV2に標準搭載され、スペアでも単体販売されています。小型ボートにも使われている高性能スラスターです。

続きを見る

送信機の種類

ESCと受信機

ベーシックESCは、受信機(R3008SB)の3ピン出力チャンネルに適合する3ピンサーボコネクタを使用します。ベーシックESCの3ピンサーボコネクタを受信機の出力チャンネルに直接差し込むことができます。

チャンネルは任意の場所で大丈夫です。今回は2と3を使いました。

電源

ベーシックESCにはBECが組み込まれていないため、受信機には別の電源を供給する必要があります。5V6A電源には、受信機に直接接続できる3ピンのサーボヘッダーがあります。7/Bに接続します。

全体的な接続

電源は4セルのバッテリーから取り、端子台を使い分岐しています。端子台は1つでも構いません。

この構成を防水ボックスに入れボディーボード等にスラスターをつけると簡易的な無人ボートができます。

制御は左右の操縦スティックの分量を調整するととで舵をとることができます。

自動航行や各種モードを使う場合は、この仕組みにフライトコントローラーやGPSモジュールを加えます。

自動航行をセッティングした実験用のボート

アメリカ開催海洋イベント「Oceanology International AMERICAS 2019」を紹介します!
アメリカ開催海洋イベント「Oceanology International AMERICAS 2019」を紹介します!

世界的海洋イベント「Oceanology International」が、2019年にアメリカサンディエゴで開催します。 今年は弊社も参加予定ですが、まずはその前にイベントの詳細についてご紹介します。

続きを見る

DJIのドローンを自動操縦させるLitchi(ライチ)の使い方 - 水辺のロボット開発ドローン測量から水中調査の株式会社チック
DJIのドローンを自動操縦させるLitchi(ライチ)の使い方 - 水辺のロボット開発ドローン測量から水中調査の株式会社チック

産業用ドローンといえば株式会社チック仙台へ。ここではDJIのドローンを自動操縦させるアプリ、Litchi(ライチ)の使い方をご紹介します。パソコン上でも飛行プランが立てられ、測量・建設・土木業界等に利 ...

続きを見る

日本の木材生産は増えている?国産材の様々な活用法ー日本の林業を知ろう2ー - 水辺のロボット開発ドローン測量から水中調査の株式会社チック
日本の木材生産は増えている?国産材の様々な活用法ー日本の林業を知ろう2ー - 水辺のロボット開発ドローン測量から水中調査の株式会社チック

皆さんは、日本の木材生産量が増えていることをご存知ですか? 林業は「海外からの安い輸入材との価格競争で衰退している」というイメージもあるかもしれませんが、実は近年、国産材を様々な形で活用する動きが活発

続きを見る

水中ドローンBlueROV2のペイロードテスト - 水辺のロボット開発ドローン測量から水中調査の株式会社チック
水中ドローンBlueROV2のペイロードテスト - 水辺のロボット開発ドローン測量から水中調査の株式会社チック

様々な利用用途が考えられている水中ドローン。弊社ではアメリカのBlue Robotics社が発売しているBlueROV2をメインに実用レベルでの実験を繰り返しています。 今回は測定機器を搭載して水中を

続きを見る

水中ドローンBlueROV2操縦体験会in広島 - 水辺のロボット開発ドローン測量から水中調査の株式会社チック
水中ドローンBlueROV2操縦体験会in広島 - 水辺のロボット開発ドローン測量から水中調査の株式会社チック

山口県内に水中ドローンBlueROV2の販売店がオープンするため、スタッフの操縦及びメンテナンス講習をしました。 ただ、水中ドローンが使えるプールを山口県内でなかなか見つけられなく、会場は広島になりま

続きを見る

ブログランキングに挑戦中!
こちら↓↓↓をクリックで
応援よろしくお願いします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

管理者 石田一浩

2016年に興味本位で水中ドローンを購入し、そこからドはまり。2018年からBlueROV2の販売店になり、壊しては直しの繰り返し。年中、BlueROV2を使い全国水中調査で活動しています。

-BLOG