産業用水中ドローンBlueROV2の販売

産業用水中ドローンBlueROV2の販売

ポイント

弊社はBlueROV2のメーカーBlue Roboticsの販売店です。水中ドローンBlueROV2については2017年から使用しているヘビーユーザーでもあります。

これまでの経験をもとにBlueROV2をもっと国内に広めるため販売及び運用のサポートをしています。これまで弊社が販売した仕様でニーズの高かった順に解説しています。


弊社は、水中ドローンBlueROV2専門として、各種調査から機体販売、カスタマイズ、メンテナンスまでトータルで提供しています。

BlueROV2カタログと料金表

水中ドローンBlueROV2の資料請求

3営業日以内に発送します。

【Rov-Funオリジナルパッケージ】水中ドローンBleuROV2ヘビーType

点検業務に特化したオリジナル仕様です。機体はBlueROV2の8スラスタータイプを採用し、安定した機体制御を実現しています。

消耗品や機体メンテナンス、基礎的な操縦方法の講習をセットしたパッケージとなります。導入コストは上がりますが、正しい使い方をマスターすることで機体の性能を十分に発揮できることはもとより、日々のメンテナンスを学ぶことでランニングコストを削減できます。

BlueROV2

こんな方におすすめ

  • 初めてのBlueROV2を導入する方
  • 消耗品や機体の補強を望む型
  • 機体導入時に基礎講習を受けたい方

参考業務に合わせて各種カスタマイズが可能です。

詳しくはコチラ

グリッパー搭載ヘビーType

BlueROV2の8スラスタータイプにグリッパーを搭載した仕様です。

グリッパーは使わない時は機体の下部に収納できます。必要な時には3分程度で準備可能です。

BlueROV2

こんな方におすすめ

  • 水中案件を幅広く考えている方
  • 採取や渡しロープなどグリッパーわ必要としている方
  • 多目的な予備機とし導入の方

詳しくはコチラ

標準ヘビーType

8スラスタータイプのスタンダードモデルです。初めて水中ドローンを導入する方や今後カスタマイズをお考えの方。

BlueROV2

こんな方におすすめ

  • スタンドダートから始めたい方
  • オリジナルのカスタマイズを考えている方
  • 水中撮影をお考えの方

詳しくはコチラ

アフターサービス

BlueROV2の修理

弊社では2017年からBlueROV2をユーザーとして使用し数多くの水中調査の現場を経験しその後、Blue Roboticsの販売店として活動しています。内部構造を熟知し、修理やカスタマイズの対応も可能です。

弊社で機体を導入した方には下記のサポートがります。

  • 特別価格にて基礎が受けられます
  • 1年目のメンテナンスが無料
  • 修理時の部品代が特別価格
  • テザーケーブルのレンタル
  • 予備機レンタルを特別価格
  • 修理時の代替え機特別価格
テザーケーブルのレンタルは弊社加工の水中コネクタ限定となります。

BlueROV2専用オンラインマニュアル


水中ドローンマニュアル

カスタマイズ

BlueROV2のカスタマイズ

業務に合わせた仕様にBlueROV2をカスタマイズします。これまでに複数のカメラ、音響カメラ、フォトグラメトリ用など特定の業務に特化したカスタマイズに対応しています。

事務所敷地内に専用のプールを設置し、すぐに水中実験ができる環境があり試行錯誤がスピーディーに進みます。

その他、無人ボートの開発にも力を入れています。

BlueROV2カタログと料金表

水中ドローンBlueROV2の資料請求

3営業日以内に発送します。

水中ドローンBlueROV2部品の購入

水中ドローンBlueROV2部品の購入

BlueROV2関連のパーツが揃います。お気軽にご相談ください。

BlueROV2 をご購入のお客様には、ニーズに合わせたカスタマイズをご提案させていただきます。

BlueROV2の販売

商品一覧はこちら

BlueROV2本体から部品まですべて揃います

水中ドローンを使った弊社の事例

水中ドローンを使った弊社の事例

弊社では2016年から水中ドローンを導入し、様々な場所の調査をしてきました。

ただし、事例で場所やその雰囲気を公開することができない場所がほとんどです。ですので、雰囲気だけ、イラストでご紹介します。

  • 水中遺跡調査
  • 水中捜索(海、川、湖、ダム、プール等)
  • 構造物の水中調査(橋、ダム等)
  • 海洋港湾構造物の調査
  • 魚礁の調査
  • 海洋生物調査
  • 人間が立ち入るのには危険な場所の調査

水中ドローンを定期検査に用いることで効果的かつ効率的な維持管理が期待でき、点検対象(水中部の状態把握、コンクリート堤体、水平打網目開き、ゲート点検、ダム堆砂など)にあわせた撮影が可能です。

損傷具合の点検でいえば、亀裂、破損、浸食、劣化、腐食、傾き、土砂堆積などの早期発見が期待できます。

洋上風力

養殖

水中ドローン(ROV)を使った水中調査の請負

水中ドローン(ROV)を使った水中調査の請負

現在、さまざまなROVが販売されていますが、弊社ではアメリカBlue Robotics社のBlueROV2をメインに使用しています。従来の水中調査方法よりも低コスト、安全性の向上、調査結果の正確さなどが高いことが特徴です。

これまで人が確認できなかった部分の調査も可能なため、新しい分野での活躍が見込めます。

ドローンに比べるとまだ発展途上な分野ですが少しずつ認知度も上がり漁業、インフラ、土木関係から水中調査の依頼が増えています。

rov

業務ご依頼の流れ

水中ドローン業務ご依頼の流れ

step
1
お問合せ

御社が抱えている悩み、実現したいことなどを、メールorお電話でご相談ください。弊社から24時間以内に返信させていただきます。

step
2
打ち合わせ

弊社もしくは御社へ訪問し、より具体的な内容をお伺いします。弊社オフィスでは機体や機材の見学、専用練習場ではドローンを飛ばしながら相談をすることもできます。

step
3
ご提案とお見積もり

弊社より具体的な提案とお見積もりを提示させていただきます。ご納得いただいた上で、正式に発注となります。

水中調査、水中ドローンの導入

ご相談はこちらをクリック

水中ドローンに関するご相談は何なりとご連絡ください。

水中ドローンBlueROV2レンタル

産業用水中ドローンBlueROV2をレンタルします。

BlueROV2の本体からテザーケーブルのみ、予備バッテリーのみの単体レンタルも可能です。

機体導入後にも予備機としてレンタルするお客様がいます。BlueROV2の操縦には熟知しているが予備機まで用意するのはちょっとという方に最適です。

短期プランから1カ月の長期プランまでご用意しています。

水中ドローンレンタル

こんな方におすすめ

  • 予備機の用意が必要な場合
  • 複数台体制の業務
  • 導入前に機体を確認したい方

詳しくはこちらクリック

BlueROV2の操縦及びメンテナンス講習

水中の点検や調査で使われる水中ドローンBlueROV2の構造から操縦訓練、メンテナンスまでトータルで訓練をします。

水中の業務は空を飛ぶドローンと違い、機体の姿は見えないし、水も濁りがあり思い通りに操縦はできません。
弊社では、機体の性能を存分に発揮するために必要な訓練を提供しています。

水中ドローンスクール

こんな方におすすめ

  • 操縦を熟知して機体性能を発揮したい方
  • 社内でオペレーションチームを構築する企業
  • 導入後に自社でメンテナンスをする企業

詳しくはこちらクリック

Blog一覧

スマート水産業とは?内容と実例を紹介
スマート水産業とは?内容と実例を紹介

近年水産業において「スマート水産業(スマート漁業)」という取り組みが注目されています。 ここではスマート水産業とはなにか?という基本的なところから、具体的な内容をわかりやすくじっくり説明していきます。 スマート水産業(スマート漁業)とは何か? スマート水産業とは水産庁が掲げている取り組みで、最先端の通信や情報技術を活用して、水産資源の持続的利用と水産業の持続的成長の両立を実現する「次世代の水産業」のことを言います。 つまり「デジタル技術を最大限駆使して水産業を支え、つなげていこう」といった考え方です。 ド ...

洋上風力発電の仕組みをおさらい!
洋上風力発電の仕組みをおさらい!

日本各地の海で「洋上風力発電」のプロジェクトが進んでいるのをご存知ですか? 洋上風力発電は、巨大な風車を建ててエネルギーを生み出すもので、日本の地理的条件に適したクリーンエネルギーとして官民をあげて導入が進められています。 今まさに熱い注目を浴びている洋上風力発電の仕組みをおさらいしておきましょう! 過去の記事 『洋上風力発電とは?水中ドローンの活躍はあるのか?』 『秋田県に風力発電が多い理由』 洋上風力発電とは 洋上風力発電とは、海の上に設置した風車で風を受け、風の運動エネルギーでプロペラをし、その回転 ...

遠隔操作とは? 5Gで水中調査も無線遠隔で可能に!?
遠隔操作とは? 5Gで水中調査も無線遠隔で可能に!?

近年、第5世代移動通信システム(5G)が普及してきました。 5Gにより従来はできなかった「繊細さが求められる作業の遠隔操作」が可能となり、多くの業種に変革が起きはじめています。 そこで今回は「そもそも遠隔操作とは何か」「これまでとどう変わるのか」などをわかりやすく紹介。さらに5G普及で水中ドローンの無線遠隔操作ができるようになるのか等、可能性に迫っていきます。 遠隔操作とは? 遠隔操作とは文字通り、遠く離れた場所から対象を操作することです。 技術自体は古くから存在しており身近なところでも活躍しています。家 ...

産業用水中ドローン一覧 性能・おすすめ度など、ビジネス向けのROVをご紹介!
産業用水中ドローン一覧 性能・おすすめ度など、ビジネス向けのROVをご紹介!

近年性能の向上、手が届きやすい価格設定等で人気が出てきている水中ドローン。 特にビジネス向けは、新たな水中産業の可能性を秘めるほど抜群の性能を持っています。 今回は日本国内で入手しやすい小型~中型の産業向け水中ドローンを紹介。 業務用ROVを検討中であれば、ぜひ参考にしてください。 価格と機体バリエーションが豊富! QYSEA FIFISHシリーズ QYSEA(キューワイシー)社は2016年に設立された中国の水中ドローンメーカーです。ROVはFIFISH(ファイフィッシュ)シリーズを展開。40以上の国と地 ...

RC送信機でESCを制御する方法。シンプル無人ボートはこれで動く!
RC送信機でESCを制御する方法。シンプル無人ボートはこれで動く!

ベーシックESCは、一般的なラジコンで使われているPWM信号を使用するため、市販のほとんどすべての無線制御送信機および受信機をシンプルに制御できます。このガイドでは、双葉のプロポT10Jを使いベーシックESCを簡単に制御する接続方法を解説します。 ポイント プロポT10J送信機で使用される2.4GHz信号は水中では伝わりません。この内容は無人ボートなどの使用に限定されます。水中ドローンでは制御できません。 送信機の種類 ESCと受信機 ベーシックESCは、受信機(R3008SB)の3ピン出力チャンネルに適 ...

スマート水産業とは?内容と実例を紹介
スマート水産業とは?内容と実例を紹介

近年水産業において「スマート水産業(スマート漁業)」という取り組みが注目されています。 ここではスマート水産業とはなにか?という基本的なところから、具体的な内容をわかりやすくじっくり説明していきます。 スマート水産業(スマート漁業)とは何か? スマート水産業とは水産庁が掲げている取り組みで、最先端の通信や情報技術を活用して、水産資源の持続的利用と水産業の持続的成長の両立を実現する「次世代の水産業」のことを言います。 つまり「デジタル技術を最大限駆使して水産業を支え、つなげていこう」といった考え方です。 ド ...

no image
小型の測深機能搭載ボートの紹介

水辺の仕事での人材が不足する現在、とても活躍する無人ボート。調査などの作業がラジコン操作で手軽に効率化できます。 今回は、YouTube動画で紹介している代表的な商品を無作為に5つ選んでみました。 救助に適した小型無人艇(USV)「アトレーパー」 河川や海に浮かべるだけです。大きさは全長923mm、全幅は394mmと 1人で持ち運びが可能そうです。 特徴 アトレーパーはGNSSを用いたプログラムに対応しているため、自動運行が可能です。また、岩などにぶつかった際にも耐えられる丈夫なABS整形となっています。 ...

洋上風力発電の仕組みをおさらい!
洋上風力発電の仕組みをおさらい!

日本各地の海で「洋上風力発電」のプロジェクトが進んでいるのをご存知ですか? 洋上風力発電は、巨大な風車を建ててエネルギーを生み出すもので、日本の地理的条件に適したクリーンエネルギーとして官民をあげて導入が進められています。 今まさに熱い注目を浴びている洋上風力発電の仕組みをおさらいしておきましょう! 過去の記事 『洋上風力発電とは?水中ドローンの活躍はあるのか?』 『秋田県に風力発電が多い理由』 洋上風力発電とは 洋上風力発電とは、海の上に設置した風車で風を受け、風の運動エネルギーでプロペラをし、その回転 ...

遠隔操作とは? 5Gで水中調査も無線遠隔で可能に!?
遠隔操作とは? 5Gで水中調査も無線遠隔で可能に!?

近年、第5世代移動通信システム(5G)が普及してきました。 5Gにより従来はできなかった「繊細さが求められる作業の遠隔操作」が可能となり、多くの業種に変革が起きはじめています。 そこで今回は「そもそも遠隔操作とは何か」「これまでとどう変わるのか」などをわかりやすく紹介。さらに5G普及で水中ドローンの無線遠隔操作ができるようになるのか等、可能性に迫っていきます。 遠隔操作とは? 遠隔操作とは文字通り、遠く離れた場所から対象を操作することです。 技術自体は古くから存在しており身近なところでも活躍しています。家 ...

RC送信機でESCを制御する方法。シンプル無人ボートはこれで動く!
RC送信機でESCを制御する方法。シンプル無人ボートはこれで動く!

ベーシックESCは、一般的なラジコンで使われているPWM信号を使用するため、市販のほとんどすべての無線制御送信機および受信機をシンプルに制御できます。このガイドでは、双葉のプロポT10Jを使いベーシックESCを簡単に制御する接続方法を解説します。 ポイント プロポT10J送信機で使用される2.4GHz信号は水中では伝わりません。この内容は無人ボートなどの使用に限定されます。水中ドローンでは制御できません。 送信機の種類 ESCと受信機 ベーシックESCは、受信機(R3008SB)の3ピン出力チャンネルに適 ...

水中ドローンBlueROV2操縦体験会in広島
水中ドローンBlueROV2操縦体験会in広島

山口県内に水中ドローンBlueROV2の販売店がオープンするため、スタッフの操縦及びメンテナンス講習をしました。 ただ、水中ドローンが使えるプールを山口県内でなかなか見つけられなく、会場は広島になりました。 9月13日(火曜日)仙台から3名のスタッフが広島入り。仙台-広島直行便ANA3135(IBX運航)。 広島空港からは空港リムジンバスで広島駅を目指します。 操縦体験会in広島の会場はスイミングプール 広島JSS大須スイミングプール 〒732-0802 広島県広島市南区大州5丁目2-25 広島駅でレンタ ...

oceanology2022
Oceanology International2022

Oceanology International2022とは? 「Oceanology International(Oi)」は世界規模の海洋技術イベントです。500以上の出展ブースがあつまって企業・学者・政府それぞれの業界をつなげる、他にはない内容となっています。 2022年は水上ライブ・デモンストレーションや、この業界の将来を見据えた対話型セミナーが開催。8,000人以上の参加者が見込まれており、世界の海洋の探査、モニタリング、開発、保護に携わる人々にとっての必見イベントとなっています。 過去開催のOi ...

Japan Drone2019
Japan Drone2019、水中ドローン「BlueROV2」で出展しました。

ドローン専門展示会&コンファレンスのイベント、ジャパンドローン2019(Japan Drone2019)。ドローン産業を活性化させるべく、さまざまな企業が専門分野に特化したドローンを持ち寄りましたが、弊社では水中ドローン「BlueROV2」を出展しました。 更なる飛躍を目指すドローン産業 空撮はもとより、ドローンにはさまざまな分野で活用されています。 空撮、撮影分野 映画、プロモーション撮影、CM撮影など 測量分野 土木、建設業界など 農業分野 農薬散布、生育調査、鳥獣被害対策など 点検分野 インフラ点検 ...

南三陸町
水中ドローン漁業活用デモレポート in 南三陸町

先日、宮城県南三陸町の漁業関係者から「漁業に活用できるかもしれないので、水中ドローンを見てみたい」という連絡を受けデモを行いました。 今回はデモ時の動画も添えて、その時の様子をレポートいたします。 沖へ出たのちドローン潜水準備 当日は現役の漁師さんが船を出してくれ、関係者5名とともに船で沖へでました。 漁師さんからみたBlueROV2への印象は、「水中ドローンはずいぶん小さいものだな?」という感じだったようです。 おそらくは「こんなものが動くのか?」という不安があったことでしょう。 船で30分ほど行った後 ...

サンディエゴ開催海洋イベント「Oi2019」
サンディエゴ開催海洋イベント「Oi2019」に行ってきました!

世界的海洋イベント「Oceanology International AMERICAS 2019」が、2019年2月アメリカサンディエゴで開催されました。 今回弊社では、アテンド(通訳)を連れ最新のさまざまな海洋製品を見てきましたので報告いたします。 Oiアメリカ2019とは? 「Oceanology International」は約50年の歴史を持つ世界最大の海洋技術系イベントで、ロンドン・中国・サンディエゴ(アメリカ)で2年ごとに開催されています。 開催国ごとに特色のある内容になっており、サンディエゴ ...

お問い合わせ


ドローンを使った業務、機材の導入、操縦者の養成など、御社でドローンの導入をお考えであれば、ぜひ、ドローンの専門家である弊社へご相談ください。

水中ドローンメール問い合わせ

022-739-8861

水中ドローンRovFun
〒981-3203
宮城県仙台市泉区高森4-2-342
電話:022-739-8861
Mail:info@chick-fun.jp