BlueROV2の接続方法

BlueROV2接続図

接続する箇所は下記の5点。

  • 機体とリールから出ているテザーケーブル(リールがない場合はテザーケーブル)
  • 機体フレームとテザーケーブルをカラビナ部分で接続
  • リールとテザーインターフェース(短い黄色いテザーケーブル)
  • テザーインターフェースとPC(USB接続)
  • PCとコントローラー(USB接続)

※順不同

機体とリールから出ているテザーケーブル(リールがない場合はテザーケーブル)

テザーケーブルと機体を繋ぐ8ピンコネクタは凹凸を合わせて接続します。

写真のように1パターンしか入らないようになっています。

接続はしっかり置くまで入れ、カバーをねじ込み固定します。

機体フレームとテザーケーブルをカラビナ部分で接続

テザーケーブルから出ている黒いスリーブを機体に固定しているカラビナに取り付けます。
これはテザーケーブルにテンションが掛かってもコネクタ部分に力が加わらないようにするためです。

テザーケーブルのコネクタに力が掛かると破損する恐れがありますので、カラビナへの取り付けは必須です。
※この形式以外でもテザーケーブルに直接力が加わらない構造であれば問題ありません。

リールとテザーインターフェース(短い黄色いテザーケーブル)

リールを使っている場合は、リールとテザーインターフェースを接続します。

ここで使っているコネクタは接続した状態でIP67の防滴性があります。

接続は写真にあるように白い部分を合わせ軽く押し込みながら左へ回します。緑のロックマークの部分まで回すとコネクタはロックされます。

リール側、テザーインターフェース側ともに同じコネクタを使用しています。

テザーインターフェースとPC(USB接続)

テザーインターフェースとPCを接続します。

テザーインターフェース側にUSBタイプBオスを差し込み、USB端子をPCに差し込みます。PC側はどこにポートに刺しても問題ありません。

PCとコントローラー(USB接続)


コントローラーのUSB端子をPCに差し込みます。

水中ドローンの活用方法やカスタマイズなど、水辺の調査のことなら何なりとご相談ください。

機体の販売から開発のお手伝いまで、トータルでお手伝いいたします。

ご相談はこちらをクリック

関連記事