イーサネットスイッチ

イーサネットスイッチ
イーサネットスイッチ

このコンパクトな5ポートイーサネットスイッチは、BlueROV2や他の車載システムに拡張性を提供します。

Fathom-Xテザーインターフェースボードに直接取り付けることができ、スタンドアローンでも使用できます。英国のBotBlox社との共同設計により、このスイッチは使いやすく設定が不要で、さまざまな条件下で信頼性があります。

¥23,800

在庫あり

数量

SKU:ROV131

カテゴリー:

イーサネットスイッチは、Fathom-X テザーインターフェースボードと完全に統合するように設計された5ポートの10/100イーサネットスイッチで、BlueROV2のアクセサリー用に3つのイーサネットポートを追加することができます。

このスイッチは、BotBloxとの共同設計で、ロボットアプリケーション用イーサネットスイッチに関するBotBloxの幅広い専門知識を活用しています。

イーサネットスイッチはなぜ必要?

イーサネットネットワークは、コンピュータ間の高速接続を形成し、インターネットのバックボーンとなっています。BlueROV2でもイーサネットネットワークを使用しており、地上のコンピュータとROVのオンボードコンピュータを接続し、テレメトリデータとビデオを伝送する高速接続を提供しています。このネットワークには、ソナーやIPカメラ、センサーなど他の機器に利用できる余分な帯域がたくさんあるのです。

イーサネットは、複数のデバイスを同じネットワークに接続することができますが、すべてのケーブルを単に接続するだけでは不十分で、接続間のデータをルーティングするイーサネットスイッチが必要です。

このイーサネットスイッチは、まさにそれを実現するものです。5つのポートがあり、2つはROV内の既存のFathom-XとRaspberry Piコンピュータに接続するために使用され、3つのポートは拡張用に残されています。

あと3つポートがあれば何ができるか想像してみてください。マルチビームイメージングソナーを追加したり、コンピュータビジョン処理専用のコンピュータを追加したり、ハイエンドのIPカメラを接続して新しいビデオオプションを追加することができます。可能性は無限大です。

どのように統合する?

イーサネットスイッチは、Fathom-Xボードを完全に補完するように設計されています。同じ寸法と取り付け穴があるので、上に積み重ねることができます。

2つのRJ45ポート接続は、Fathom-XとRaspberry Piをスイッチ経由で素早く接続できるようになっており、残りの接続はBlue Robotics Connector Standardに準拠したJST-GHコネクタに分断されています。ボードは60Vまでの幅広い電圧入力に対応し、低消費電力を実現しています。インジケータライトは各ポートのアクティビティを表示します。

このスイッチにはRJ45-JST-GHアダプタボードが付属しており、テスト時にイーサネットデバイスを簡単に接続することができますが、標準のRJ45コネクタはケーブル貫通孔に入らないため、ROVに長期的に組み込むには付属のJST-GHケーブルのいずれかをデバイスにはんだ付けすることをお勧めします。