AUV Blog 水中ドローン 無人ボート

RC送信機でESCを制御する方法。シンプル無人ボートはこれで動く!

ベーシックESCは、一般的なラジコンで使われているPWM信号を使用するため、市販のほとんどすべての無線制御送信機および受信機をシンプルに制御できます。このガイドでは、双葉のプロポT10Jを使いベーシックESCを簡単に制御する接続方法を解説します。

ポイント

プロポT10J送信機で使用される2.4GHz信号は水中では伝わりません。この内容は無人ボートなどの使用に限定されます。水中ドローンでは制御できません。

送信機の種類

ESCと受信機

ベーシックESCは、受信機(R3008SB)の3ピン出力チャンネルに適合する3ピンサーボコネクタを使用します。ベーシックESCの3ピンサーボコネクタを受信機の出力チャンネルに直接差し込むことができます。

チャンネルは任意の場所で大丈夫です。今回は2と3を使いました。

電源

ベーシックESCにはBECが組み込まれていないため、受信機には別の電源を供給する必要があります。5V6A電源には、受信機に直接接続できる3ピンのサーボヘッダーがあります。7/Bに接続します。

全体的な接続

電源は4セルのバッテリーから取り、端子台を使い分岐しています。端子台は1つでも構いません。

この構成を防水ボックスに入れボディーボード等にスラスターをつけると簡易的な無人ボートができます。

制御は左右の操縦スティックの分量を調整するととで舵をとることができます。

自動航行や各種モードを使う場合は、この仕組みにフライトコントローラーやGPSモジュールを加えます。

自動航行をセッティングした実験用のボート

水中ドローンBlueROV2部品の購入

水中ドローンBlueROV2部品の購入

BlueROV2関連のパーツが揃います。お気軽にご相談ください。

BlueROV2 をご購入のお客様には、ニーズに合わせたカスタマイズをご提案させていただきます。

BlueROV2の販売

商品一覧はこちら

BlueROV2本体から部品まですべて揃います

お問い合わせ


ドローンを使った業務、機材の導入、操縦者の養成など、御社でドローンの導入をお考えであれば、ぜひ、ドローンの専門家である弊社へご相談ください。

水中ドローンメール問い合わせ

022-739-8861

水中ドローンRovFun
〒981-3203
宮城県仙台市泉区高森4-2-342
電話:022-739-8861
Mail:info@chick-fun.jp

-AUV, Blog, 水中ドローン, 無人ボート