テザーリールの組み立て方

テザーリールの組み立て方

※すべてのネジにはネジロック材を1滴たらし均等に広げてください。

標準バージョンの場合、2.5 mm六角ドライバーで2本のM4x10ネジを使用して、各フレーム脚の下部に2本のゴム製脚を取り付けます。2つの同じものを組み立てます。

大型バージョンの場合、2.5 mm六角ドライバーで2本のM4x10ネジを使用して、各フレーム脚の下部に3本のゴム製脚を取り付けます。

最初のフレームの半分を組み立てる

6本のM4x20ネジと2.5mm六角ドライバーを使用して、2本の脚と1本のフレームのハンドルをサイドパネル側にネジで留め、ゴム製の脚を下に向けます。

スリップリングコアを最初のフランジに取り付ける

4本のM5x12ネジと3.0mm六角ドライバーを使用して、スリップリングコアをフランジに取り付けます。スリップリングコアの長い方の端はフランジの中央の穴に通します。

テザーリールスタンドオフの追加

標準バージョンの場合、6本のM5x12ネジと3.0 mm六角ドライバーを使用して、6つのテザーリールスタンドオフを、スリップリングコアの長い方と同じ方向を向け、テザーリールの内面の最も外側の穴に固定します。

ラージバージョンの場合は、代わりに6本のM5x16ネジと3.0 mm六角ドライバーを使用して、6つのテザーリールスタンドオフと1つの補強リングを固定し、補強リングをスタンドオフとテザーリール面の間に配置します。補強リングの切り欠きパターンをテザーリール面に合わせます。

クランクアームハブをセカンドフランジに取り付ける

4本のM5x12ネジと3.0mm六角ドライバーを使用して、クランクアームハブを2番目のフランジに固定します。スリップリングコアの短い方はフランジの中央の穴に通します。クランクアームハブの2つの歯は、フランジの2つのスプラインと一列に並ぶ必要があります。フランジは、図のようにスプラインが湾曲するように配置します。クランクアームハブの穴に黒いプラスチックプラグを押し込みます。

テザー固定クリップの追加

※この部分にはネジロック剤は使いません。
標準バージョンの場合、3つの1 / 4インチセルフタッピングネジとプラスドライバーを使用して、プラグが配置されているフランジの内面に3つのナイロンクランプを固定します。クランプは、最も外側の穴から2番目に取り付けます。

大型バージョンの場合は、3本の1 / 2インチセルフタッピングネジとプラスドライバーを使用して、クリップを補強リングの面に固定します。補強リングの切り欠きパターンをテザーリール面に合わせます。

フランジの組み合わせ

6本のM5x12ネジを使用して、2つのフランジを互いに取り付け、スタンドオフを穴の最も外側のリングに配置します。アセンブリの両側に1つずつ、合計2つの3.0mm六角ドライバーを使用して、スタンドオフごとにネジの各ペアを順番に締めます。

標準タイプ

ラージタイプ

フレームの完成

6本のM4x20ネジと2.5 mm六角ドライバーを使用して、2番目のフレームパネルでフレームを取り付けます。テザーリールはどちらの方向にも取り付けることができるため、好みに応じて取り付けてください。

スリップリングコアの固定

スリップリングコアを青いスリップリングキャップフランジで固定し、4本の5 / 8インチセルフタッピングネジと外側の穴のプラスドライバーをフレームに取り付け、4本のM3x6ネジを2本で固定します。スリップリングコアは、バインダー770コネクタの白いストリップができるだけ上を向くように配置します。

ブレーキつまみネジの追加

2つの1/4″ナイロンつまみネジを各フレームパネルの長辺の中央にあるネジ穴に完全にねじ込み、半回転戻します。

クランクの組み立て

2本のM4x20ネジと2.5mm六角ドライバーを使用して、クランクハンドルをクランクアームに固定します。クランクアームは、好みに応じてどちらの方向も取り付け出来ます。※ネジロック剤は使用しないでください。

クランクの取り付け

アルミニウム製のつまみネジを使用してクランクをクランクハブに取り付け、テザーリールを完成させます。クランクは取り外し可能です。

コネクタの準備

テザーバインダー770コネクターのロッキングカラーを回転させて、白い垂直矢印を内側の丸い歯に合わせます。これにより、コネクタがロック解除位置になります。

テザークリップを緩める

3つの白いテザー保持クリップを緩めます。

テザーの取付

テザー保持クリップのすぐ前にある2つの青いスタンドオフの間のテザーリールの内部にテザーを通します。

接続

テザーをスリップリングコアに接続し、ロッキングカラーを回転させてコネクタを所定の位置にロックします。

テザーの固定

テザーを3つの保持クリップのそれぞれに挿入し、コネクタに接続するケーブルのたるみを保ちます。テザーを固定するために保持クリップを締め直します。Fathom Slimテザーを使用している場合は、安全のためにテザーを通過させるだけでなく、各クリップの周りにテザーを1回ループさせます。

テザーを巻く

片方の手でテザーリールの回し、もう一方の手でテザーを張った状態に保ち、均等に送ります。

メンテナンス

毎回使用後

  1. テザーリールを真水で拭き、塩の残留物を取り除きます。
  2. 緩んでいる可能性のあるネジを確認し、締め直します。
  3. 必要に応じて、Binder770コネクタの接点を確認し清掃します。

100時間ごとまたは6か月ごと

スリップリングコアのシーリングXリングの動きと状況を確認します。大きな抵抗がある場合は次の手順で検査してください。

  1. テザーリールの外側にあるコネクタを外します。
  2. 青いスリップリングキャップフランジの周囲にある4本の5 / 8インチセルフタッピングネジを取り外します。
  3. これで、スリップリングキャップをユニットからまっすぐ引き抜くことができ、Xリングの摩耗を検査できます。過度の摩耗がある場合は、交換する必要があります。必要に応じてグリースを塗り直してください。
  4. 再組み立ての手順を逆に実行します。ワイヤーを挟んだり切断したりしないように、交換する前にスリップリングワイヤーをキャップに完全に押し込んでください。

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。