近年のドローンは性能に優れ、初心者でもすぐに飛ばせます。
しかし業務に利用するとなれば「飛ばせるだけ」では足りません。

もし、安易にドローン会社を選んでしまえば、業務に支障が出る可能性もあります。

ドローン会社選びを失敗しないためにも、実力を見極めることが大事です。

チック・ドローン事業部は、圧倒的な操作技術と知識&経験あり!

ドローンの可能性を最大限に引き出しながら「ドローンが現場で求められるもの」を提供し、御社の業務をサポートいたします!

ドローン講習の資料請求はこちら

ドローンのお仕事

ドローンの点検業務

水中のお仕事

水中ドローン

チック・ドローン事業部だから安心してできる!3つの要素

熟練された操作技術と知識。ドローン業務に絶対の自信あり!

弊社はドローンの可能性を早くから見出し、さまざまな産業分野で活用できるように模索してまいりました。

その結果、空撮や農業用ドローンといった現在普及が目覚ましい分野はもちろんのこと、測量・解析といった高スキルを必要とする分野でも高く評価され、お客さまにご好評いただいております。

リピート率90%以上! アフターフォローも安心!

弊社の強みはなんといってもリピート率の高さ。

これはご満足いただけているお客さまが多いということでもあり、弊社としても非常にうれしい限りです。

ドローン業務は安全性はもちろんのこと、安心して任せられること、アフターフォローも万全であることが欠かせないと考えています。

これからも喜んでいただけるサービスをご提供できるよう、誠心誠意取り組んでまいります。

カスタムドローンで特殊業務活用も。テスト飛行環境も万全!

弊社では、ロボティクス(ロボット工学)に積極的に取り込んでおり、各種機体制作(カスタマイズ)や、実証実験が可能です。
無人航空機以外にもローバー型や水中ドローン等の制作も行っております。

テスト飛行は弊社が管理するドローン専用練習場(宮城県内)のほか、お客さまご指定の場所で可能です。

これだけ本格的な制作や実験を行えるドローン会社は多くなく、弊社の強みでもあります。

ドローンを独自の業務に活用したいお客さまは、ぜひご相談ください。

okiami-1-1

2021/5/15

宮城県内の大型定置網を水中ドローンで調査

2017年6月、宮城県内にある大型定置網の「垣網」、「箱網」の調査を水中ドローン(BlueROV2)で行いました。 BlueROV2 の特長 BlueROV2はアメリカにあるBlue Robotics社が発売しているROVです。 この水中ドローンはフライトコントローラーPixhawkを搭載し6つのモーターで自由に海中を動き回ります。 最大350ワットのモーターは海中でも思い通りの操縦を実現させ、細かい機体の動きにも対応できます。 またこのORVはカスタマイズ性にも優れており、ペイロードを増やしたり100m ...

ジャパンイノベーションチャレンジ

2021/5/9

上士幌開催ドローンコンテスト!JIC2018「課題2達成」結果報告

昨年から参加した大規模ドローンコンテスト「ジャパンイノベーションチャレンジ」に今年も「チーム東北JV」として参戦してまいりました。 結果は……駆付を2回達成です! 今回は結果報告と開催時の様子をレポートいたします! JIC2018チーム結果報告 まずは我々チームの結果報告です。 初日……課題2「駆付」達成! 2日目……達成ならず 3日目……課題2「駆付」達成! 初日の駆付達成チームは全部で2チームでした。 前日までの経験を活かしつつ2日目、3日目のチャレンジとなりましたが、課題1「発見」は残念ながら達成な ...

南三陸町

2021/5/9

水中ドローン漁業活用デモレポート in 南三陸町

先日、宮城県南三陸町の漁業関係者から「漁業に活用できるかもしれないので、水中ドローンを見てみたい」という連絡を受けデモを行いました。 今回はデモ時の動画も添えて、その時の様子をレポートいたします。 沖へ出たのちドローン潜水準備 当日は現役の漁師さんが船を出してくれ、関係者5名とともに船で沖へでました。 漁師さんからみた BlueROV2 への印象は、「水中ドローンはずいぶん小さいものだな?」という感じだったようです。 おそらくは「こんなものが動くのか?」という不安があったことでしょう。 船で30分ほど行っ ...

jic

2021/5/9

ロボットによる夜の山岳救助「Japan Innovation Challenge 2018」

今年で3回目となるロボットを使った山岳遭難救助コンテスト「Japan Innovation Challenge」。 昨年は初参加であったものの、見事に課題クリアをいたしました。 今年も参加しますので、昨年までとの違いなど、概要をご紹介します。 「Japan Innovation Challenge」とは 「Japan Innovation Challenge」は山岳遭難救助想定したロボットコンテストです。 合同チーム「チーム東北JV」として私たちが初参加したのが2017年 北海道上士幌町にある山を使って数 ...

2021/5/9

遭難救助を想定した「Japan Innovation Challenge 2017」に参加

秋は北海道のドローンイベントが熱い! 遭難救助を想定した「Japan Innovation Challenge 2017(ジャパンイノベーションチャレンジ2017)」! 「Japan Innovation Challenge 2017」は北海道を舞台に繰り広げられる、大規模なロボットコンテスト。 今年で2回目となるイベントに、弊社も仲間の会社と共にチーム東北JVとして参加しました。 まずは以下で、イベントの詳細をご紹介します。 見事課題達成!結果報告 5日間にわたる大イベント「Japan Innovati ...

OpenROV v2.8

2021/5/9

水中ドローン(OpenROV v2.8)を使った実証実験を中川運河で行いました

年の瀬が迫る2016年12月下旬。関係各所のご協力をいただき水中ドローンの実験が実現できました。ありがとうございました。 使用した水中ドローンはOpenROV v2.8 OpenROVは水中の洞穴を調査するためにデビッド・ラングとエリック・スタックポールによって作られたプロジェクトです。 海外のメーカーですが、日本国内からも通販で購入することができます。 OpenROV:http://www.openrov.com/ OpenROV 基本スペック OpenROVは組み立てキットですので、ほぼバラバラの状態 ...

AirDate

2021/5/9

ドローン管理に最適!AirData UAVの使い方

どのくらいフライトさせたら?バッテリーの寿命は? ドローンを所有すると同時に、機体やバッテリーの状況を知る必要があります。 ドローンの台数が増えれば、その全てを把握するのは大変なものです。 それを解決するのが『AirData UAV』。 ドローンの所有者には大変お薦めなサービスです。 AirData UAVの登録方法 まずは、AirData UAV(https://airdata.com/)にアクセスしてください。 既に登録している方は《LOGIN》、未登録の方は《REGISTER》を選択しましょう。 必 ...

2021/5/9

スマホで正確な距離が測れる「地図計測プロ」の使い方

地図計測プロの概要 地図計測プロとは、地図上で指定した範囲の距離や面積を計測できるアプリケーションです。 土木や測量分野での業務に最適なツールとして使われています。 地球表面の湾曲も計算に入れる正確性があり、位置情報は複数個所指定できるので、急カーブが続くようなつづら折りの道路なども計測が可能です。 地図計測プロのアプリはこちらからダウンロードできます。 価格 無料 App内課金有り 標準バージョン ¥600 余分なマップ付きパッケージ ¥3,500 プロフェッショナルバージョン ¥3,700 毎月のスト ...

flylitchi

2021/5/9

DJIのドローンを自動操縦させるLitchi(ライチ)の使い方

DJIのドローンを使った自動航行には、メーカーで公開しているDJI GS PROがありますが、今回は、DJI製品の自動航行ができるLitchi(ライチ)というアプリをご紹介します。 Litchi(ライチ)の特徴 Litchi(ライチ)の便利な機能としては、何と言ってもパソコン上で飛行プランを作れるところにあります。 タブレットをタップしながらもプランは作れますが、大きな画面でポイントをクリックしながら作った方が楽で、間違いの少ないプランが作れます。 更にクラウド上にプランを保存し、同じアカウント同士であれ ...

GS PRO

2021/5/9

DJI GS PRO の使い方

DJIの機体を使って自動航行する場合に便利なアプリ「DJI GS PRO」の使い方をご説明します。 下記の方法は測量などで使う方法になります。 「DJI GS PRO」は様々な自動飛行が可能になりますが、この説明では計測に限定してご説明します。 DJIアカウントでログインする 予め作成したDJIのアカウント情報を入力して《ログイン》をタップしてください。 ミッションリストをタップする メイン画面が表示されます。画面左下のある《ミッションリスト》をタップします。 上部タブにある《フライトログ》をタップすると ...

DJI GO4

2021/5/9

DJI GO4の機能説明と使い方のポイント

DJI GO4 概要 DJI GO4 とは、DJI社で提供している公式アプリです。 タブレットやスマホにインストールして通信機に繋ぐことにより、各機体を扱えます。 このアプリは、機体および送信機(プロポ)の各種設定、撮影した映像編集、リアルタイムで飛行中のカメラ映像をモニター越しで確認できるなど、さまざまなサポートをします。(2018年11月執筆) DJI GO4 対応機種 Spark Mavic Pro Platinum Mavic Pro Phantom4 Pro Plus V2.0 Phantom4 ...

フライトナビ

2021/6/18

飛行禁止区域が簡単に分かる!ドローンフライトナビ

ドローンフライトナビの概要 ドローンフライトナビ - 飛行制限確認地図は、航空法および小型無人機等飛行禁止法を下に飛行禁止区域を表示させるアプリです。 空港、ヘリポート、自衛隊基地にも対応しており、ドローンをはじめとする小型無人機飛行には大いに役立つツールとなるでしょう。 価格 無料 販売元 Keishi Ishimura 互換性 iOS 11.0~ 。iPhone、iPad、iPod touchに対応 サイズ 50.2MB ドローンフライトナビ 使い方(画面の色表示について) 使い方はいたって簡単。アプ ...

水中ドローンROVとは?

2021/5/15

水中ドローンROVとは?

ROVは何の略称? ROVとは遠隔操作の水中車両のことを言い、一般的には水中ドローンまたは水中ロボットと呼ばれています。 ROVは オペレーターまたは操縦士が地上にいながら、海底世界を探索することを可能としました。 通常、潜水士が海中100メートル以上潜ることはめったにありません。 また潜水艦を利用することも高価なためまれです。 つまり ROVなしでは人類が海中で作業する範囲は非常に限られていることになります。 ROVの歴史 初めて構築されたROVはプードルと呼ばれ、フランス人のディミトリ・レビコフによっ ...

福島ロボットテストフィールド

2021/5/9

福島ロボットテストフィールドに行ってきました

福島にはドローンをはじめとしたロボットの研究・開発拠点となる大規模施設「福島ロボットテストフィールド」が2018年度より順次開所されています。 今回はその施設に伺うことができましたので、紹介と訪れた感想をレポートいたします。 福島ロボットテストフィールドとは? 福島ロボットテストフィールドは、福島イノベーション・コースト構想に基づいて整備された、大規模なロボット研究開発拠点です。 0現在は大半が工事中ですが、2018年度より少しずつ施設が完成し、開所されていく予定です。 この施設で研究・開発の対象となるの ...

3dr

2021/5/9

カスタマイズ可能!産業用に最適な3DRのSOLO(ソロ)

ドローンといえばDJI社がよく知られていますが、3D Robotics(以下3DR)のSOLOも優れた機体として人気があります。 オープンソースとアップデートで常に最先端のドローン技術が使われ、拡張性の高さから主に産業用ドローンとして活躍します。 ペイロード800gを誇る SOLO 2015年に発売された SOLO は、民生用のドローンとしては最も進化したモデルという高い評価を得ています。 solo が誇る最大の特長は、800gのペイロード(最大積載量)という点です。カメラや周辺機器など、さまざまなパーツ ...

Remotely Operated Vehicle

2021/5/7

世界のUnderwater ROV (Remotely Operated Vehicle)

小型化、軽量化、操作性もどんどん改善されていっているROV。 気軽に購入してレジャーや趣味に利用できるタイプと海洋環境調査等に利用するプロ向けのメジャーな潜水型ROVを紹介したいと思います。 デザインがユニークなお手頃ROV ダイバーやソナーでは探査することが困難な環境の海や湖では潜水型遠隔操作ロボット(ROV)利用への要望・期待が右肩上がりに高まっている現状。 海洋資源の調査以外にも、捜索救助活動、漁業、観光など、様々な分野への応用が見込まれており、各社の技術、機能の発展には目を見張るものがあります。? ...

洋上風力とは?

2021/7/24

洋上風力とは?水中ドローンの活躍はあるのか?

風力発電には「洋上風力」と呼ばれるものがあります。初めて聞く方が多いかもしれませんが、日本では需要電力の10倍ほどの容量を発電可能と考えられているほどです。 ここでは高い潜在能力が期待される「洋上風力」についてご紹介。日本での運用やドローン等ロボット業界との関係性に迫っていきます。 洋上風力とは 「海洋上」の「風力発電」が、洋上風力発電(洋上風力)と呼ばれています。洋上=offshoreから、オフショア風力発電とも。ここでいう海洋上の定義は「水の上」であり、フィヨルドや港湾、大きな湖なども対象となります。 ...

RobotMacter S1-1

2021/5/9

【DJI初】白熱のバトルもできる!教育用ロボット RoboMaster S1 誕生

2019年6月12日、DJI社から初となる地上走行ロボット「RoboMaster S1」が発売されました。 知力で打ち勝て―――。空撮ドローンのパイオニアであるDJIが、プログラミングを学びたい全てのユーザーを対象として開発した教育用インテリジェントロボットをご紹介します。 「RoboMaster S1」概要 産業用IoTが次々と開発されている2019年現在、2020年には小学校でもプログラミング教育が必修化され、習い事の1つとしてもお子さまがプログラミング教室に通っているというご家庭も多いのではないでし ...

Japan Drone2019

2021/5/9

Japan Drone2019、水中ドローン「BlueROV2」で出展しました。

ドローン専門展示会&コンファレンスのイベント、ジャパンドローン2019(Japan Drone2019)。ドローン産業を活性化させるべく、さまざまな企業が専門分野に特化したドローンを持ち寄りましたが、弊社では水中ドローン「BlueROV2」を出展しました。 更なる飛躍を目指すドローン産業 空撮はもとより、ドローンにはさまざまな分野で活用されています。 空撮、撮影分野 映画、プロモーション撮影、CM撮影など 測量分野 土木、建設業界など 農業分野 農薬散布、生育調査、鳥獣被害対策など 点検分野 インフラ点検 ...

水中ドローンROVとは?

2021/5/15

水中ドローンROVとは?

ROVは何の略称? ROVとは遠隔操作の水中車両のことを言い、一般的には水中ドローンまたは水中ロボットと呼ばれています。 ROVは オペレーターまたは操縦士が地上にいながら、海底世界を探索することを可能としました。 通常、潜水士が海中100メートル以上潜ることはめったにありません。 また潜水艦を利用することも高価なためまれです。 つまり ROVなしでは人類が海中で作業する範囲は非常に限られていることになります。 ROVの歴史 初めて構築されたROVはプードルと呼ばれ、フランス人のディミトリ・レビコフによっ ...

沈没船調査を行う水中ロボット「ROV」の役割

2021/7/8

沈没船調査を行う水中ロボット「ROV」の役割

島国・日本に暮らす日本人にとって、海はとても身近なもの。 にもかかわらず海のことをよく知らない、そう感じることはないでしょうか。 海の謎のひとつに、海底に沈んだ船「沈没船」があげられます。 実は日本近海だけでもたくさんの沈没船がありますが、さまざまな要因により十分な調査がなされているとは言えないのが現状です。 しかし近年では水中ロボット(ROV)の技術進歩により、少しずつ海底の謎にメスが入っています。 当記事では、沈没船調査における水中ロボット(ROV)のさまざまな情報をお伝えします。 沈没船調査における ...

南三陸町

2021/5/9

水中ドローン漁業活用デモレポート in 南三陸町

先日、宮城県南三陸町の漁業関係者から「漁業に活用できるかもしれないので、水中ドローンを見てみたい」という連絡を受けデモを行いました。 今回はデモ時の動画も添えて、その時の様子をレポートいたします。 沖へ出たのちドローン潜水準備 当日は現役の漁師さんが船を出してくれ、関係者5名とともに船で沖へでました。 漁師さんからみた BlueROV2 への印象は、「水中ドローンはずいぶん小さいものだな?」という感じだったようです。 おそらくは「こんなものが動くのか?」という不安があったことでしょう。 船で30分ほど行っ ...

okiami-1-1

2021/5/15

宮城県内の大型定置網を水中ドローンで調査

2017年6月、宮城県内にある大型定置網の「垣網」、「箱網」の調査を水中ドローン(BlueROV2)で行いました。 BlueROV2 の特長 BlueROV2はアメリカにあるBlue Robotics社が発売しているROVです。 この水中ドローンはフライトコントローラーPixhawkを搭載し6つのモーターで自由に海中を動き回ります。 最大350ワットのモーターは海中でも思い通りの操縦を実現させ、細かい機体の動きにも対応できます。 またこのORVはカスタマイズ性にも優れており、ペイロードを増やしたり100m ...

グランディ・21

2021/6/13

水中ドローン「BlueROV2」の実証実験。宮城県総合運動場「グランディ・21」

宮城郡利府町にある宮城県総合運動場「グランディ・21」のプールを貸し切り、水中ドローン「BlueROV2」を使って幾つかの実証実験、水中点検用での機体調整やデモ潜行を行いました。 合わせて水中ドローンの運用者向けの講習も行い、運用の手順やセットアップ方法など、BlueROV2への知識と技術を身につけていただきました。 受講者の中には、空撮用ドローンの経験者も…。 操作方法は同じということから動かすこと自体は何ら問題はありませんでしたが、水中を潜行させる難しさと面白さを経験して頂きました。 使ったのは仕様の ...

業務ご依頼の流れ

step
1
お問い合わせ

お打ち合わせ

御社が抱えている悩み、実現したいことなどを、メールorお電話でご相談ください。

弊社から24時間以内に返信させていただきます。

step
2
打ち合わせ

打合せ

弊社もしくは御社へ訪問し、より具体的な内容をお伺いします。

弊社オフィスでは機体や機材の見学、専用練習場ではドローンを飛ばしながら相談をすることもできます。

step
3
プラン提案とお見積もり

お見積り

弊社より具体的なプランの提案とお見積もりを提示させていただきます。

ご納得いただいた上で、正式に発注となります。

お問合せ・ご相談


ドローンを使った業務、機材の導入、操縦者の養成など、御社でドローンの導入をお考えであれば、ぜひ、ドローンの専門家である弊社へご相談ください。

お問合せメール

022-738-8861

産業用ドローン専門エックス-D.仙台
〒981-3203
宮城県仙台市泉区高森4-2-342
電話:022-739-8861
Mail:info@chick-fun.jp